Amazonアフィリエイトのボタン文言は何が良い?

更新情報

10/3 「Amazonで見る」のABテスト結果を追記しました。

今回のお題

いつもABテストラボをご覧頂きありがとうございます。

今日も新鮮な小手先テクニックをお届けします。(皮肉とかではないですよ笑)

 

ブログは1%の改善の積み重ねです。

1%の改善を大量に積み上げていけば、大きな成果に繋がります。

とはいえ、アクセスがない記事でボタンの改善をしても全く意味がないので、初めたばかりの方は「クロネのブログ講座」を読みながら、まずは100記事を目指しましょう。

 

▼今回のお題はこちら ※ スライドできます

※ 教えてもらったばかりのプラグイン「MetaSlider」を使ってみました。りらさん(@rila_srich)、おってぃさん(@ottea69)、ありがとうございます。

 

Amazonや楽天アフィの文言についてですね。

  • パターンA:Amazon
  • パターンB:Amazonで購入する
  • パターンC:Amazonで探す
  • パターンD:Amazonで見る

普段からTwitterなどで情報収集を行なっている方は「Amazonで探す」のクリック率が高いことをご存知だと思います。

実際に、私のメインサイトでも「Amazonで探す」を採用しています。

ただ、自分でABテストをやったことがないので、実際に試してみることにしました。

 

ちなみに、このRinkerカスタマイズは「【SANGOを自分でカスタマイズ】Rinkerのデザインを変えてみる」を参考にしています。
※ 色だけ変更

結果発表

Amazonで探す vs Amazon

結果:95%の信頼度で「Amazonで探す」の方がクリック率が高い

Amazonで探す vs Amazonで購入する

結果:95%の信頼度で「Amazonで探す」の方がクリック率が高い

Amazonで探す vs Amazonで見る

※スライドできます。

結果:クリック率に差はない

※ より正確に測定するため、商品の属性が異なる3記事でテストしています。

 

  • Amazon
  • Amazonで購入する
  • Amazonで探す
  • Amazonで見る

ということで、この4パターンなら「Amazonで探す」と「Amazonで見る」が最もクリック率が高い結果となりました。

「Amazonで探す」か「Amazonで見る」をまだ導入していない方は早めに対応しましょう。

ご覧の通り、1.5倍のクリック率の差があります。この差は大きいですよ。

Rinkerのボタン文言は下記のコードで変更できます。

itemlink post_id=”xxxxx” alabel=Amazonで探す rlabel=楽天市場で探す ylabel=Yahoo!ショッピングで探す

※ 全体を[ ]で囲んでください。

一括で変更したい方は、Rinkerの作者やよいさん(@oyayoi19)の「note」に方法が記載されているのでどうぞ。

考察と雑感

「Amazon」のクリック率が低いのは、何のボタンなのか理解していない人がいるからです。

「Amazon = Amazon公式サイトのリンクなんて常識でしょ?」と思った人はブロガー病なので気をつけてください。

「購入する」はお金を支払うイメージが強いワードです。「探す」や「見る」の方が心理的なハードルが低いことは間違いありません。

 

「Amazonで見る」はアフィサイトではなく、普通の情報サイトで見つけた表現です。

電車の広告や雑誌など、サイト改善のヒントはあらゆるところに潜んでいますね。

 

さて、今回の結果に驚きはありませんが、インフルエンサーが言っていることを鵜呑みにするのではなく、自分でテストすることが大切ですね。

これ以外の文言でAmazonアフィリエイトをやっている方がいたら、ぜひ教えてください。

 

感想や考察など、Twitterのリプや質問箱などで何らか反応もらえると嬉しいです。

ではでは。

 

かめさん

次は光るボタンのABテストだよ!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です